うつになった時の対処法を知る【最初は軽い程度の薬から服】

男性

受ける印象も人それぞれ

ナース

合う・合わないははっきり

うつ病の治療の際に持ちられる抗うつ剤は定期的な服用が必要で、症状が出た時やひどい時などに必要に応じて薬を飲むスタイルの頓服薬ではありませんので注意が必要です。治療中は規則正しく定期的に抗うつ剤を服用するのが不可欠になります。この抗うつ剤を用いた薬物治療により症状が改善すれば、徐々に薬を減量するのが一般的ですが、もう薬は必要ないのではないかと感じてきたら勝手に服用を中止するのではなく、医師に相談することが大事です。また、治療に焦りは禁物ですが、症状が良くなってきているにも関わらず、いつまで経っても薬剤が減量されない場合には、何故減量が行われないのか主治医に説明を求めることも大切になります。日本ではお任せ医療を好む心理特性の人が多くいます。加えて専門家に治療方針に関して口出しをするのは気が引けるという人がほとんどです。しかし、医療者サイドからすると、今のままでいいと考えていると判断されてしまうケースもあるので、しっかりとコミュニケーションをとっていくことが大切になります。むやみに主治医の治療方針を疑う必要はないですが、何年も同じ処方での治療が続いていたり、質問に対してお茶を濁す感じがあったりするようなら一度セカンドオピニオンを受けてみるのも一考です。近年、日本ではうつ病に苦しむ人が急増しています。双極性タイプのものも含めれば100万人を超えているというデータがあるほどです。そのうつ病の治療には主に抗うつ剤を用いることになりますが、その際も本人に合うものと合わないもの、つまり効果が出るものと出ないものが存在します。例えば、Aさんにとって効果があって素晴らしい薬でも、似たような症状を持っているBさんが同じ薬を服用しても症状が悪化してしまうので薬を変えてほしいと訴えることもあるので、その効果は人それぞれです。周囲にうつ病で苦しむ人がいたとき、Aさんの立場であればすぐにでも受診して薬を処方してもらったほうがいいと言えるかもしれません。Bさんは薬ではメンタルの問題を解決できないあるいは薬物治療はやめたほうがいいと訴える可能性もあります。何も知識のない人が両者から服薬の経験に基づいた話を聞いた場合、それぞれに持つ印象は全く異なるものになります。このように抗うつ剤に関しては合う、合わないがはっきりしていて効果が出るかでないかというのもわかりやすいです。聞きかじりなどこの方法が一番だと決めつけることなく専門家と相談しながら、専門家とともにその効果を見極め合う薬を選択していく必要があります。