うつになった時の対処法を知る【最初は軽い程度の薬から服】

男性

ドラッグストアで買えない

カウンセリング

症状や原因で異なる

うつ病には十分な休養と抗うつ剤の治療が一般的で精神科や精神神経科、心療内科などを受診すれば薬を処方してくれます。しかし病院に行くことに抵抗がある人も多く、病院以外で抗うつ剤を手に入れることはできるのでしょうか。残念ながら神経に作用する薬はドラッグストアや薬局では市販されておらず、睡眠改善薬ならドラッグストアなどで販売されている場合があります。ドラッグストアや薬局では売っていなかったらどこで入手できるのかというと、個人輸入代行業者を利用して海外から入手することができます。日本では処方箋がなければ手に入れることができない薬でも海外では手軽に手に入れることができ、海外には成分の強い薬が市販薬として販売されているからです。インターネットで検索してみると、抗うつ剤などの精神科の薬を個人輸入という方法で海外の薬を輸入して販売している業者は多く、日本では手に入れることができない薬を購入することができます。ただこういった薬にはリスクがあり、安全性や副作用が起こっても何の保証がないためすべて自己責任になってしまいますが、病院に行かなくても購入することができます。処方箋なしで購入することができるので、安価で購入できることがメリットになります。しかしこういった薬を飲む場合にはリスクを十分に考慮する必要があり、自分にあった薬がわからない、海外なのでメーカーの問い合わせが困難などのデメリットがあります。また医師や薬剤師のアドバイスを受けることができないので、できれば購入は控えた方がいいでしょう。うつ病といっても原因や症状によって種類が異なります。大うつ病性障害とは抑うつ状態だけが起こるタイプで、このタイプの患者さんが最も多く、気分が落ち込んだり、死にたくなったり、睡眠障害など症状が現れます。双極性障害は気分が異常に高まり普段では考えられないような行動をとってしまう状態と、抑うつ・気分の低下などの状態を繰り返す精神疾患で、症状が出ない日もあるため判断が難しいです。他の病気には効果がある薬でも極性障害には症状が悪くなってしまう場合もあるので、医師による正しい判断が必要になります。気分変調性障害はやる気がでない、気分が落ち込むなどの症状が2年以上も続き、なかなか寝付けず寝ても熟睡できないなど睡眠障害もあります。常に身体に疲れを感じ、疲れたやだるいというのが口癖の人は注意した方がいいでしょう。後退期うつ病は60代の老齢期にかかりやすい病気で、不安や焦りなどの感情が強く表れ、会社を退職して社会的な地位を無くしたり、大切な人と別れてしまったりするなど様々な喪失によって発症する事が多いです。ただ厄介なのは本人が病である事を認めないことで、そうなると治療が上手くいかないこともあります。マリッジブルーもこの病の一種で、結婚が原因で発症するものではなく結婚によって変化する様々な事に対する不安や恐怖が原因とされています。女性が発症するイメージがありますが、男性にもマリッジブルーになる可能性はあり、特に結婚に対する期待が大きい、結婚に向けて積極的に行動する人が発症しやすい傾向にあります。