うつになった時の対処法を知る【最初は軽い程度の薬から服】

レディ
ナース

受ける印象も人それぞれ

うつ病の治療薬として代表的な抗うつ剤は定期的に飲み続けなければならない薬です。そのため、服薬に関して躊躇してしまう人も多いですが、どんな薬が効くかは人それぞれですので、一部の意見だけに振り回されるこがないようにします。

病院

正しい治療を行う為に

うつ病の治療の際は抗うつ剤を利用する事が多いのですが、この薬は症状の軽減等の目的で処方されています。病院には2週間に1回程度通う必要があるので、できるだけ自分にとって通いやすい所にある病院を選びます。

早めに病院を受診しよう

男性

優れた医薬品があります

うつ病は憂鬱な気分が長く続いたり、理由もなく涙が出てきたり、人と話をしたり、会ったりするのが億劫になるなどの意欲の低下などが見られます。2、3週間を過ぎても辛い症状が続く時は、精神神経科のクリニックや病院を受診することが大事です。精神神経科のクリニックや病院では、本人だけでなく、家族からも話を聞くことも多いです。身体的、精神的な症状などでうつ病が診断されると、内服薬を処方してくれます。抗うつ剤は豊富な種類がありますが、即効性はないため、3週間から、1か月程度は続けることが大事です。現代は比較的副作用が少なく、安全性の高い商品が開発されているので、最初は軽い程度の薬から服用をします。抗うつ剤を続けていると、2か月から、半年ぐらいを経過すると、少しずつ症状が改善してきます。効果には多少の個人差がありますが、心身の調子が良くなってきても、医師の許可なく減薬をしたり、中止したりするのは避けて、しばらくは続けることが大事です。うつ病は罹りやすい性格や、環境の変化や身近な人との別れや死別などが原因で、過度なストレスが掛かることで発病することが多いです。薬の効果を高めるためには、充分に休息ができる環境を作ることも大事です。うつ病の原因は人によって違いがありますが、脳の機能低下や、ホルモンバランスの乱れ、強いストレスなどが要因になります。精神神経科のクリニックや病院では、カウンセリングや問診などの精神療法はもちろん、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などの内服薬による治療も行います。うつ病の患者は通院に掛かる費用が心配な人が多いですが、服用する薬の種類や数によっても費用が違ってきます。精神神経科のクリニックや病院では、先発医薬品だけでなく、ジェネリック医薬品も処方をしているので、費用を抑えたい人は医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。うつ病は十分な休息や休養が必要な病気なので、会社や学校に通うのが辛い場合は、一時的に休学や休職をするのもお勧めです。うつ病の症状が重く治療が長引く場合は、自立支援医療なども受けられるので、市役所の窓口で相談してみると良いでしょう。精神神経科の病院やクリニックでは、経験豊富な医師が在籍をしているので、薬が合わない場合は変えてもらうこともできます。薬剤師が服用の方法や、効能、副作用などをきちんと説明してくれるので、根気よく続けることが大事です。症状が少し改善してくると、服用する薬も減らしてもらえます。

ハート

病院選びは大事です

うつ病を発症した時は、診察を受ける病院の選択に気をつけましょう。自身に合わない病院を選択してしまうと、症状を悪化させてしまう可能性があるからなので周りの協力のもと調べることが大事となります。また、薬の服用も医者の指示に従ったほうが良いです。

カウンセリング

ドラッグストアで買えない

抗うつ剤は病院で処方してもらう事ができますが、個人輸入代行業者を利用することで手に入れることもできます。しかしうつ病にも種類があり、自分にあった薬を飲まないとリスクがあるため病院で処方してもらうのが安全です。